元極気功に関する話題や、日ごろの出来事、また何故か神社のことなどを綴っていきます。パナソニックLX3で撮った飛騨の風景などもご覧ください。
2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12
TOPフリーエリア
数年前、岐阜県高山市に本拠を構え、800数十年の歴史を持つ中国元極功法の伝統を引き継ぎ、現代人向けに更に発展させた日之本元極功法をお伝えしています。
(元極についてはこちらをご覧ください。)


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ banner2.gif
↑ブログランキングに参加中です。押していただけると励みになります。
先日のこと、いつものスーパーで声を掛けられる。



その方は、以前お世話になった農家の先輩の奥さんで、自分の1学年下の方。



十数年ぶりの再会です。



「お久しぶりですね~」とありきたりの挨拶のあと、少し立ち話。



「余り変わっていないですね~」と言われ、礼儀上同じような返事をしたのですが、



本当は「老けたね~」と言いたかったのが本音。



実際にパッと見たときは「誰?」と一瞬思いました。



手前味噌みたいな話になってしまいますが、



同世代の方に「老けたね~」と言われることはほとんど無いので、



是も元極功法に出会ったお蔭と感謝している次第です。



でもお勧めしても余り関心を持っていただけないのが、ちょっと残念。



とても貴重なモノなのですが・・・・



スポンサーサイト
今日から4月。早いものですね。



この分だと今年もアッという間に終わりそう。



生き急がねばならない気がします。



まだまだやらねばならないことが沢山ありますので・・・・



それはさておき、今日は、東京、高山同時に、集中錬功会の開催でした。



夕方から、動功会、静功会と続けてご一緒したのですが、



以前にも増して功法の効力が高くなっているようで、



寒くなったり、暖かくなったり、色々体験。



やはり、皆さんと一緒に修練をするのは良いですね。



一人だとついつい他の誘惑につられることもありますので・・・・



また、色々なお話が聞けるのも。



次は、4月4日(火) 清明錬功会が楽しみです。



今日は24節気の冬至。



元極功法の修練者にとってはお馴染みの、錬功効果の高い特別な日です。



そして、師が担当される錬功会が2つ開催されました。



その中で今回初めての公開となる、六神秘功み、按摩法みの感想をアップします。

--------

「六神秘功ふた」と比較した「六神秘功み」

1.準備の段階から、身体の表面がむずむずし始める。
 よくよく感じてみると、体表近くにある経脈にエネルギーがめぐっている感じがした。
 さらに五脈も強制的にひろげられている感じで特に中脈を通るエネルギー量がとても多い感じがした。

2.手当てのとき体感的に強くエネルギー感じるのは「ふた」。「み」のエネルギーの波動がより精妙になったためと思います。

3.その他「み」のときは、身体の回りが何か非常に細かいエネルギー(物質的な表現が見当たらない)に包まれている感覚がありました。


「按摩法ふた」と比較した「按摩法み」

上記1. 3.の感覚は同様にあった。

2.按摩のとき体感的に強さを感じるのは「ふた」。やはり「み」のエネルギーの波動がより精妙になったためと思います。
 動作もかるくなった感じでした。 

3.その他、髪をすく動作の時に、やる前よりもオイリーな感じがした。
 より奥の方からの邪気が排出されてきたようです。


------



昨日と今日は今年最後の集中錬功会。



両日とも、早朝から夕方まで、熱心な修練者の皆さんで盛り上がっていました。



沢山の皆さんが修練舎に集う時は、やっぱり良いですね。



効果が高いことは勿論、参加の皆さんのユニークな体験などを知ることができて、お互い刺激にもなります。



急遽設定されたクリスマス錬功会の申し込みも届き始めています。



今年も残すところ25日程。



師走のいわれのとおり、お忙しいとは思いますが、



時間を作って高山でおいでいただくと、何か良いことがあるかもしれません。



(無かったらゴメンなさい)



是非!是非!ご検討ください!
昨日で11月も終わり、今日からは師走に突入。



激動に1年!と良く?聞きますが、自分にとっては準激動位でしょうか。



何はともあれ足早に過ぎ去っていく日々を過ごす内に、だんだんと焦りも感じています。



更に末性(心の垢のようなもの)が沸いてくる感じも・・・



こういうときの修練は歩法が一番のようです。



日中は中々出歩くことが出来ませんが、寒さを我慢して夜に歩く。



最初はおっくうですが、1時間歩き終わる頃には身体も温かくなり、



心の中が軽くなる感じがします。



天気が悪い飛騨の冬ですが、しばらく続けなければならない気がしています。