元極気功に関する話題や、日ごろの出来事、また何故か神社のことなどを綴っていきます。パナソニックLX3で撮った飛騨の風景などもご覧ください。
2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12
TOPフリーエリア
数年前、岐阜県高山市に本拠を構え、800数十年の歴史を持つ中国元極功法の伝統を引き継ぎ、現代人向けに更に発展させた日之本元極功法をお伝えしています。
(元極についてはこちらをご覧ください。)


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ banner2.gif
↑ブログランキングに参加中です。押していただけると励みになります。
今日から6月。



昔ながらの暦の上では 衣替え なのでしょうけれど、



十数年ぶりとかの高温で、2週間程前には、夏向きの出で立ちに変わっています。



なんと季節感がずれていることか。 



それにしても、地球上のあちこちで起きている、



地震、



火山の噴火、



異常高温、



民族紛争



などなど、



ちょっと、いやかなり地球がおかしくなっている感がするのです。



平穏な時代に戻ってくれれば良いのですが・・・









スポンサーサイト
久しぶりに文字のあるブログ。



消費税の対応や事務処理、部落の行事、その他パソコンの対応などなど、



いろいろな事に振り回されて写真ばかりのブログになっていました。



4月もすでに中旬に突入。



農繁期が目前に迫ってきたので、そろそろ準備を始めなければなりません。



が、朝はまだまだ冷え込みます。



今朝も、霜で田んぼや畑は真っ白。



早朝の仕事にはまだまだ辛い飛弾の春です。



数日前から、我が家の車庫に「ツバメ」のペアがやってきました。



今年は途中で挫折することなく、雛を育て上げてほしいと思う、今日この頃です。



今日は二十四節気の雨水。



冬の氷水が陽気に溶け天に昇り、雨水となって下る、の意で雨水といいます。



ということで、雪国である飛騨などはさておき、



平地では暖かさが徐々に増している頃のはずなのに、



先週末の大雪の影響はまだまだ続いているとか、早くの復旧を望みます。



それはさておき、最近空気が何となく張り詰めているというか、



「場」の感じが何となく以前と違うというか、



何かの前触れなのかもしれません。



それが何かは、自分には???



新暦を採用している日本では、既に1ヶ月余りが過ぎましたが、



旧暦を採用しているお隣の中国は、1月31日に春節を迎え長期のお休みに入っているとか。



先日行った「天領の湯」でも普段は聞こえない中国をお風呂で耳にしました。



ご近所からの情報では、平湯温泉でも、賑やかな中国語を沢山耳にしたとの声も。



円安で日本への旅行がリーズナブルになっていることも手伝って、多くの方が来日しているようです。



そこで気になるのがマナー。



文化の違い故か、他国でのマナーが問題視されていることを目にしたこともありましたが、



自分の行ったときは問題になるような行動はなく、いつも通りに穏やかな時を過ごせました。



きっと事前に旅行会社からのご教示があったのでしょう。



時間がかかるかもしれませんがそのうちに問題にされなくなるような気がします。



また、政府通しはいがみ合いを続けていますが、見識のある民間レベルではそうではないのかもしれません。



いずれお互いに蟠りがとけて、仲良くできると良いですね。



そんなことを何となく思っています。



夜半からパラパラと屋根をたたくような音がし出した。



また貂かイタチかはたまたタヌキが屋根を歩き回っているに違いない!と思っていたが、



音はいっこうに止む気配がない。



もう一度良く耳を澄ませて聞いてみると、屋根をたたくのは雨音。



そこで昔祖母が話していたことを思い出した。



「寒に雨が降ると、その年は水不足にならない!」・・・・と。



それが当たるかどうか、また迷信なのかはわかりませんが、



適度な降雨と良き天候の年になることを願う気持ちが湧いてきた。



北半球の異常低温や、オーストラリアの干ばつなど、



地球の気象がおかしくなってきているようですから。



さて昔話は当たるかどうか???