元極気功に関する話題や、日ごろの出来事、また何故か神社のことなどを綴っていきます。パナソニックLX3で撮った飛騨の風景などもご覧ください。
TOPフリーエリア
数年前、岐阜県高山市に本拠を構え、800数十年の歴史を持つ中国元極功法の伝統を引き継ぎ、現代人向けに更に発展させた日之本元極功法をお伝えしています。
(元極についてはこちらをご覧ください。)


 日之本元極本部HP

 HP病気と気功体験データベース  HP心と気功体験データベース HP潜在能力と気功・功法

心と気功 病気と気功 子供の発達と気功 潜在能力と気功・功法 健康グッズと気功 

babatanuki おむライス 桜吹雪 元極姉さん けった日記 hirohiro kayokayo 

ほにょほにょ てこてこ日記 あおいとり 「ひ」の子 たけのこ すいとぴー まこぴー

くるくる にしのひと フリージア

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ banner2.gif
↑ブログランキングに参加中です。押していただけると励みになります。
今朝、車庫で軽トラに乗るときに、隣のトラクターを見てビックリ。



ハンドルに細長~いモノが巻き付いていた。



よく見るとアオダイショウ。



結構大きく、全長1.5m位。



先日ツバメの雛が孵ったのをかぎつけて、進入してきたのでしょうかね。



しかしながら巣は遙か高方。全く届かず雛は無事でした。



忌み嫌われがちな蛇ですが、家の周りに住み着くアオダイショウに至っては、



屋敷蛇と呼び、その家に幸運をもたらす存在として、



いじめたり、殺したりしないように言われているので、いつもは当たらず障らず、自然のままにしています。



でも、車庫の中に居座られても困るので、鍬の柄に引っかけて、畑の方に逃がしてあげました。



幸運を運んでくれるように願いを込めて・・・



スポンサーサイト
飛弾は新緑のさわやかな季節を迎えています。



特に、早起きすると気持ちが良い。



早朝の空気はさわやかですね。



ここしばらく晴天続きで田んぼの水あてが毎朝の日課になっています。



初期生育を良くするために、6月半ば頃までの水管理大切なのです。



なので今が一番気を使う時期。



そして、帯功も毎日の日課になっています。



天候不順の予想もありますので、こちらも気が抜けません。



できることなら平年並みの陽気で、実りの秋を迎える事ができたら・・・、



などと、願っております。



隠岐の神社めぐり  西ノ島へ渡る 2


隠岐の島町の日の出


隠岐の神社めぐり  西ノ島へ渡る 1


再びフェリーにて・・・、今日は波は穏やか。


隠岐の神社めぐり  西ノ島へ渡る 3


20分ほどで、西ノ島到着


PHOTO by Panasonic DMC-LX3



隠岐 玉若酢命神社   10



隠岐 玉若酢命神社   11



隠岐 玉若酢命神社   12



隠岐 玉若酢命神社  PHOTO by Panasonic DMC-LX3



棗 なつめ ナツメ 2014 春


棗  PHOTO by Panasonic DMC-LX3



夏が近づくと芽吹くことから”なつめ”という名前がついたのでしょうかね?



2~3日前まで結構低温続きでしたが、



棗が芽吹くと霜の心配が無くなる!と昔から言われていますから、



もう霜の心配はしなくて良さそうです。



でも、一転、今度は季節外れの高温で、注意が必要とか。



なんだか、気象変化の振動が激しくなりつつあるような気がしますが、



災害の無い年であることを祈ります。









先日、過去をを遡って、ブログを見ていました。


見ていたのは師のブログ。


それらは、ホームページにも公開されていますし、勿論メールでもご希望の会員さんに配信しています。


そのときの内容は、自分のキャパの少ないメモリーではなかなか記憶しきれず、


再び読んでみて、改めてその重要さに気づくことが、ちょくちょくあります。


万に一つのムダも無い、というか、改めて自分と照らし合わせることができるので、


とても大切なことだと思います。


とかく、前ばかり見がちですが、常に今の自分を確認しながら進んで行きたいですね。


いずれは、書籍として発刊されるといいな!と、念じています。


さていかに・・・


10日程前から、左首筋のリンパ節辺りが痛み始め、次第に腫れてきました。


そして、次第に口腔内にも影響が出てきました。


顎関節にも影響が出始め、食事の際に口が開けにくなり、
舌で歯茎を舐め回すのにも、痛みで支障をきたし
おまけに欠伸もためらわなければならなかった。


その症状が昨日辺りからようやく改善してきました。


特に食べることが不自由なのは結構辛いですね。


顎関節症の方の気持ちが少し分かった気がします。


これも多分好転反応。


師が、皆さんには尽きることのない邪気が奥から奥から・・・と、よく言われます。


この先どんな症状が出てくるかわかりませんが、しっかり乗り越えて、


健康を維持していきたいと思います。


勿論、元極功法の修練で!


今年、1月に、師が中国を訪問された後から、次々と録音教材がリニューアルしてきました。


以前は静功を長時間続けると、3クール目以降は、足や股関節辺りが痛くなったり、


突っ張ったようになって、座布団が合わないことが重なると、しょっちゅう足を組み替えていました。


それが、3月に公開された新しい静功録音教材を使った修練では、


それらの症状が、かなり緩和されます。


新しく取り入れられた、洗随経と易筋経の効果は計り知れないモノであると、今更ながら感じています。


録音教材はいつ新しくリリースされるかわかりません。


同じ時間を使って修練するならば、できる限り最新のモノをお使いいただいた方が、絶対にお得です!



奇跡のリンゴで有名な、木村秋則さん。


夕方から講演会がありました。


自分も一応は百姓の端くれ。


少しばかりの農業の知識と比べながら聞きましたが、話の内容は斬新な事ばかり。


常識が覆されていく気がしました。


また、暖かい心を持って作物に接する事により、作物も喜びを感じ元気に育つ。


これは、元極の中でも語られていることです。


気のエネルギーに満ちた人が、元気になれ!と植物をさわると、


植物は喜びを持って反応してくれます。


木村さんは、植物にも意識があるというようなことを話してみえましたが、


それを日之本元極では更に深く追求しまとめ上げた、さとりシリーズの講座があります。


受講資格はありません。


これからの生き方のために、是非お勧めの講座です。


詳しくは→http://hinomoto-genkyoku.com/
隠岐 玉若酢命神社 10 



隠岐 玉若酢命神社 11



隠岐 玉若酢命神社 12



隠岐 玉若酢命神社   PHOTO by Panasonic DMC-LX3



今年の春の農繁期もようやく終わりに近づきました。


我が家では火曜日に田植えも終わり、機械も洗って、大きな仕事はほぼ終了。


後は、細かい片付けを残すのみ。


ここまでくるとホッ!とします。


これからしばらく一月ほどは、帯功と水管理が主な作業。


その後、草刈りや追肥が始まると、夏の農繁期で忙しくなります。


今年は冷夏になるのではとの気象予想もあり、気が抜けなさそう。


健全に育つよう、帯功の効力が求められるような気がしています。


隠岐 玉若酢命神社 9



隠岐 玉若酢命神社 7



隠岐 玉若酢命神社 8



隠岐 玉若酢命神社   PHOTO by Panasonic DMC-LX3



2012年12月




ここ数年、近くの小さい文字やパソコンのディスプレイなどが見えにくくなってきました。


認めたくはないですがこれも老化のひとつ。


2年ほど前にパソコン用のメガネを作り


当初はきちんとかけかえながら使い分けていたのですが、


生まれ持った不精な性格ゆえ、いつの間にか新しく作ったメガネを常用するようになっていました。


久しぶりに前のメガネをかけたこまま、スーパーで商品の詳細を見ようとしたら、


いつも読めるはずの文字が、すこ~し離さないと読めないことに気づき、メガネが違うことを思い出す。


不便ですが、自然な事ですから仕方がないですかね。


老化の進行がどれだけでも緩やかにするには、自分の努力にかかっていることを、


またまた実感しました。


隠岐 玉若酢命神社 4



隠岐 玉若酢命神社 5



隠岐 玉若酢命神社 6



隠岐 玉若酢命神社   PHOTO by Panasonic DMC-LX3


2012年 冬



隠岐 玉若酢命神社 2



隠岐 玉若酢命神社 3


隠岐 玉若酢命神社 1



隠岐 玉若酢命神社   PHOTO by Panasonic DMC-LX3


日によっては、いまだに暖房器具が活躍中の飛騨高山ですが、



田植えのピークを迎えています。



わが部落は水利が不便な所ゆえ、ピーク時には水の取り合いになるので、



なるべく土日を避けて、田植えをするつもりだったのですが、



予想以上に苗が伸びたので、先日来バタバタと慌てて代掻きをして、我が家でも今日から始めました。



弟がはるばる手伝いに来てくれて、苗運びをしてくれたおかげで、予定以上には進みました。感謝!



でも、毎年補植をお願いしていた知り合いが、家族の介護のため当てにできないため補植は手付かず。



それと、まだ代掻きと植え付けも1/5位残っているので、もうしばらく春の農繁期は続きます。



大変ですが、田植えの済んだ田んぼを見ると、達成感からか嬉しくなりますね。



春の楽しみもあと少しです。



花の季節 2014



PHOTO by Panasonic DMC-LX3



田園風景の変化 2014 春



PHOTO by Panasonic DMC-LX3



高齢化と農民の減少のためか、最近はボタや畦に、除草剤をところが増えています。



ここ数年急激に増えてきた感じ。



環境も含めて、あまり良くはないと思いますが、仕方がないでしょうかね・・・



昨日の夕方、以前の知り合いと、車どおしで、すれ違った。


最初に先方が気づき、手を振ってくれた。


止まった話をしたわけではなかったが、その方が手を振ってくれたことがとてもうれしく思えた。


なぜなら10年ほど前、考え方の違いで蟠りを残し、交流が終わっていたから。


それ以来、その方のことが心の片隅にずっと残っていたのですが、


昨日を境にその時の蟠りから解放された気がした。


これで少しまた前に進めそうです。


人の一生は自然の摂理の中ではたぶんほんの一瞬。


その短い人生を、心の垢をしっかり落として、大切に生きていかねば、と改めて思いました。


旅先の夕景 2014 1




旅先の夕景 2014 2




PHOTO by Panasonic DMC-LX3




鯉のぼり 2014 1




鯉のぼり 2014 2




PHOTO by Panasonic DMC-LX3



今日は午後からお休みをいただき、農作業。



農繁期の日曜日は水の取り合いも盛んです。




もともと水が少ない土地柄、毎年のごとく、田んぼの準備のときは水引競争になるのです。




そのため、田んぼに十分水が溜まらず、あらくれ作業も、予定の半分しか進みませんでした。残念!




でもまぁ焦らず丁寧に、作業を進めます。手を抜くと後に響きますので・・・




でも、それでゆっくりできるわけもなく、機械作業ができなければ、手作業の仕事が待っています。




そんなかんだで、少しゆとりができた休息の合間に、田植え機の点検をすることに。




ほぼ1年ぶりですが、2回ぐらいのリコイルでエンジンがかかり、これは順調と思ったのもつかの間。




エンジンの吹き上がりはいまいち調子よくない。




早速、クボタさんに調整を依頼し、準備ばっちりに。




数日前から田植え機のことが気になっていたので、早めに点検して正解でした。




いつものように、田植えの当日いきなりスタートができなかったはずですので。





これも元極功法の効力のお陰で。感謝です!





午前中の錬功会が終わった後、新宮神社へ参拝することに・・・



Babatanukiさんによると、錬功会に参加の皆さんと、自分がお招きされたそうです。




歩いて5分ほどの神社まで、そそくさと急ぐ。




手水舎で手と口を清めた後、早速皆さんと一緒に参拝。




風が強くて最初はよくわかりませんでしたが、沢山のエネルギーをいただきました。




そして”お酒”が飲みたい!と言われたような・・・



babatanukiさんによると、神様がお祭りをされているとのことでしたので、やはりといった感じ。




エネルギーをた沢山いただいたお礼に、お酒を献上のため、夕方再び新宮神社へ。




いつもは日本酒なのですが、今回は蒸留酒をご希望ということで、ウィスキーを持って。




門前で開詮した瞬間あたり一面一気にウイスキーの香りが漂い、一瞬でお召し上がりになられたようです。




おいしくいただきました!と言われたような。




でも、いつもは日本酒をお好みなのですが、今回はアルコールが高く、刺激の強いお酒をご希望だったのは何故???






農繁期 2014 ひだ 高山 5



PHOTO by Panasonic DMC-LX3



今年の春は例年になく寒い感じがします。



いつもの年だと、そろそろ酒米の田植えが始まるのですが、今年は未だ始まらず。



苗の成長が遅れているからでしょうか。



高山から眺める飛弾山脈の高峰もいつもより雪解けが遅く、あまり山肌が出ていません。



我が家では、20日頃田植えの予定ですが、どうなるか?



まぁ人が焦っても苗が伸びるわけでもなし、自然に任せるしかなさそうです。


今日の日中は突風が吹き荒れ、遅咲きの桜も随分散ってしまったことでしょう。



数日前から、田んぼの近くの満開の桜を楽しんでいたので、ちょっと残念!



また1年後のお楽しみです。



今日帰宅したときに侵入者の痕跡が・・・



しまったやられた!と思いましたが、時すでに遅し。



食い荒らされた、パンの残骸?が部屋に散らばっていました。



先日の夜、見慣れない”クロネコ”が家から脱出していくのを見たので、



たぶん犯人はあやつでしょう。



「ネコを追うより皿を引け」ということでしょうね。



パンですんだから良かったモノの、



何事にも用心しなさいという事前通告だったかもしれません。



ちょっと危機管理を見直さねば・・・



特別講座の振替で、今日、気功教室はお休み。



ということで、早朝から農作業です。



最初は父と二人で田んぼの畦にポリマルチを掛ける作業。



風が出てくると、とてもやりにくくなるので、寒さをこらえて朝早く始めました。



最初はコツを思い出すのにしばらくかかり、もたもたと。



途中からは、順調に!



日が高くなっても風はそれほど吹かず、午前中で何とか終了。



午後は、あらくれ(大ざっおぱな代掻き)で、ほぼ予定通りの作業ができました。



好天をもたらしてくださったお天道様に感謝です!



立夏特別講座も非常に高い三元エネルギーに包まれる中、予定通り、無事終了!



ホッと!一息ですが、日之本元極の本来の目的というか、与えられた役割は、



まだまだ遠くて長い道のりの先に有るようですから、更に気を引き締めて進んで行かねばならないようです。



話題は変わりますが、季節も良くなり観光シーズン真っ盛りのひだ高山は、



以前にも増して海外からの旅行者でにぎわってインターナショナルな感じです。



彼らにもこのすばらしい功法を知っていただきたいと思うのですが、



まずは語学がダメ。



最低限、日常会話程度の英語力が必要のような気がしますが、なかなか・・・



さて今後はどうなることでしょうか?




立夏特別講座も半ばを過ぎ、いよいよ後半に突入です。



邪気排出に効果が高い「歩法」が午後の予定に組み込まれていましたが、



生憎の雨模様のため、錬功室での動功に変更。



動功にした方が良い理由が何か有ったのかもしれませんね。



というのも屋外での講座を予定しているときは、雨が降らないか、降っても直前にあがるとか・・・



大概は予定通り開催できたので、何となくそう思いました。



さてその真意は! はて???



水若酢神社  隠岐の島  15



水若酢神社  隠岐の島  13



水若酢神社  隠岐の島  14



水若酢神社  隠岐の島  PHOTO by Panasonic DMC-LX3



今日から新宮修練舎では、立夏特別講座がスタート。



午前中、皆様を迎えるべく、玄関掃除をしていたとき、



ドアががたがた揺れて「地震!」大きいのかなぁと思いましたが、



少し揺れただけで治まり、ホッと一息。



でも、昼食の時に他のスタッフから、何回も揺れた聞かされ、なにやら不安な気持ちにも。



更に、帰宅した後のネットのニュースでは小さいながらも、数十回発生していたことを知り、再び不安も拡大。



いつまた大きな震災がやってくるかもしれないわけですから、



備えだけはしっかりした方が良さそうですね。



先日来、家の中を片付けろ!と言われている気がするので、



講座が終わったら、必要のないものを思い切って処分しようと思います。



モノに執着する自分から脱皮するためにも・・・