元極気功に関する話題や、日ごろの出来事、また何故か神社のことなどを綴っていきます。パナソニックLX3で撮った飛騨の風景などもご覧ください。
2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11
ひだの冬景色 2014 荘川



PHOTO by Panasonic DMC-LX3



今日のお昼のおかずに、糸昆布の煮物をいただいて、昔の正月を思い出した。



元々飛騨では年が明けてから、おせち料理を食べるというのではなくて、



大晦日に、昆布、ぶり、煮いか、金団、なます、などをいただいて、年越しをする風習があります。



二十歳の頃までは、我が家でもそれが定番の年越しスタイルでしたが、



いつの間にか寿司盛りで年越しをするのが定着しています。



それはそれで良いのですが、昔ながらのスタイルにちょっとあこがれを抱かせる気持ちが湧いてきました。



かつて雪深く野菜の採れない飛騨では、普段漬け物と味噌や豆の煮物など貧しい食生活であったためか、



大晦日の次は、七日正月、11日が鏡開き、15日正月、20日正月と、それらの日には、



ささやかながらも、ちょっとしたご馳走をいただき、それを楽しみに長い冬を乗り切ったようです。



因みに1月末日の乞食の正月が一番最後だそうで、祖母や母から聞いたことを懐かしく思い出しました。


スポンサーサイト
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://yuanjijp0.blog90.fc2.com/tb.php/2008-f862c1d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック